二柱神社
兼務社紹介
須賀神社

須賀神社

鎮座地:
宮城県仙台市泉区野村字萩塚 1 番地
主祭神:
素戔嗚尊 ( すさのうのみこと ) 、 大日需女命 ( おおひるめのみこと ) 、櫛稲田姫命 ( くしいなだひめのみこと ) 、 応神天皇 ( おうじんてんのう )
例祭日:
7月15 日、 旧10月19 日
祭典日:
2月17 日祈年祭、 1月1日歳旦祭、 7月14日夏越大祓、 12月25 日年越大祓

宝永4年仙台藩祖伊達政宗改国の際に供奉した梅津勇三郎の先祖の氏神さまを当地に遷座し祭祀中、此の地士族白津勘之助が村民と議り野村一村の鎮守さまとして奉斎した神社 別名を祇園牛頭天王とも称し明治4年村社に列する。明治34年1月神殿焼失、同年6月再建せり、大正4年7月15日指令を以て村内無格社神明社、八幡社、稲荷神社を合祀す。昭和2年本殿の新築完成、同年5月25日神饌幣帛料指定神社に昇格した。現在は野村地区(高森、桂団地)の氏神様として崇敬を集めている。

東日本大震災 兼務社被災情報

この度の東日本大震災に於いて、当社兼務社も大きな被害に遭いました。
ここに大震災の被害に記録として、当時の様子を掲載致します。

また、ここに掲載しております兼務社は多くの皆様のご協力の下、修繕を滞りなく進めることが出来ました。
この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
誠にありがとうございました。

東日本大震災 兼務社被災情報【須賀神社1】
東日本大震災 兼務社被災情報【須賀神社2】