二柱神社
御祈祷のご案内
"厄"とは

1)Q&A

Q 何歳が「厄年」にあたりますか
A 詳しくは厄年表をご覧ください。

厄年は、男性が25歳、42歳、61歳で、女性が19歳、33歳、37歳の年回りを言います。
その前後の年齢を「前厄」「後厄」言います。
中でも、男性の42歳は「死に」、女性の33歳は「散々」に通ずるという語呂合わせから、 「大厄」と言われて、特に意識されることが多いようです。
古くから42歳と61歳という年齢は、社会における重要な年回りとされ、 神事においても重要な立場を担う風習があったことから、厄年の「やく」とは、 神祭りを行う神役の「役」のことでもあるとも言われています。
その役を行うにあたって神さまに失礼のないように、 飲食や行為を慎み心身を清浄にするためにご祈祷を受けたのがはじまりであるとも考えられています。
Q いつお祓いすればいいの?
A 全国的にお正月から節分までの時期に厄祓いを受けます。

因みに、各地には様々な習俗が伝えられています。
例えば、正月が過ぎてからもう一度、門松を立て餅をついて正月を二度行う(取越(とりこし)正月)ことによって、 年齢を進めて厄年を通過したとする地域や、人を招いてご馳走し、同じ物を食べることによって、 厄を分散するところもあります。
Q 厄年の過ごし方って?
A 厄年は、ちょうど身体の変調期や社会環境の変わり目にもあたり、体調を崩しやすいものです。

神社での厄祓いの際に授与されたお神札(ふだ)を神棚におまつりし、 お守りを身近に持ち歩くなど普段より健康に留意し、 生活をすることが大切でしょう。
それまで生きてきた人生を振り返る時、喜びや悲しみがつれづれに思い出されますが、 「厄年」とはいえ「年」を重ねるということは、 その年齢にまで無事達しえた喜びが伴うものでもあります。
今も「生かされている」との現実を喜びとし、 日々の神棚のまつりを通じて謙虚な気持ちで生活したいものです。

2)"厄"を祓う

長い人生には、体調不良や厄災が重なることがあります。
その年回りをよくよく考えて見ると厄年であった、とはよく耳にする話ですが、 そもそも日本人にとって厄年とはどういう意味を持っているのでしょうか。
近年、厄年として伝えられている年齢の根拠を、医科学的に解明しようとの試みもなされていますが、 特に、男性の42歳と女性の33歳は、女性はホルモンの分泌量の変化や、 男性は免疫力低下などにより体調不良を起こすことがデータ的にも多いようで、 厄年と合致することに改めて驚かされます。
「厄年」には遠い祖先からの生活から学んだ知恵や教訓が込められています。
今までの不摂生への反省や、生活に緊張感を与える意味においても大切な節目とされてきたのです。

「年(とし)」を大事にしてきた日本人
子どもが生れれば初宮詣に行き、そして七五三詣、成人式を経て、 還暦(かんれき)や米寿(べいじゅ)などの長寿を祝う「年祝い」を行います。
人生は山あり谷あり様々な厄災が待ち構え、それを乗り越えてゆくことの難しさを 私たちは日々の生活の中から学びます。
だからこそ、日本人は日々の生活を大切にし、「年」を重ねるごとの喜びをかみしめ、 神々に「生かされている」ことへの感謝の念を忘れませんでした。

「厄年」は、陰陽道(おんみょうどう)の説として大陸より伝えられ、 平安時代には公家社会に広まり、武家社会を経て、民間へと流れていったと言われています。
日本人の「年」へのこだわりがあったからこそ、厄祓いは全国的な広がりを見せたのでしょう。
心の「厄」を祓う鎮守の森
神社にお参りすると心が清々しくなります。
鳥居をくぐり手水舎にて手と口をすすぎご神前に向かいます。
私たち日本人は、正月を始め節目節目には必ず神社にお参りし、 神様に守られ導かれていることへの感謝や、これからの健康などを祈念してきました。
その姿は今日でも変わらず、全国の神社では多くの参拝者で賑わっています。

日々の暮らしの中には様々な厄災があることでしょう。
それは今も昔も同じですが、とりわけ、今日では、 交通事故や現代社会の歪みから来る事故や事件など、 「厄」の範囲も広がっているのではないでしょうか。
心の荒廃など精神を病む人たちが増えつつありますが、 身体の「厄」を戦うとともに心の環境を整える場所もまた、鎮守の森の癒しの空間なのです。