二柱神社
御祈祷のご案内
神棚

家庭にお神札(ふだ)をおまつりするときに必要なのが、神棚(かみだな)です。古くは、お神札を柱などに飾ったり、そのまま立て掛けて、おまつりしていましたが、より丁重にお神札をおまつりするために、神社の形をした宮形にお神札をおさめるようになりました。ここでは、神棚をおまつりするときの基本的な方法をお話ししましょう。

ふさわしい場所に神棚を 神棚の設け方

神棚をおまつりするには、どんな場所を選べばいいのでしょう。

・ 家の中心で、明るく清らかな所
・ 南向きまたは東向きで、高い位置
・ 家族みんなが毎日拝みやすい所

このようなことが満たされているところが最も良い場所といえますが、そうした場所におまつりできない場合には、最良と思われる場所におまつりしましょう。
また、新たに神棚を設ける場合には、まず棚を取り付け、宮形を据え、神職にお祓(はら)いをしていただき、それから神棚にお神札をおさめます。

お神札にも並べ方があります お神札のまつり方

・ 中央に、神宮大麻(じんぐうたいま)
・ 向かって右に、氏神さまのお神札
・ 向かって左に、そのほか特に崇敬する神社のお神札

お神札を重ねておまつりする宮形(一社造り)の場合は、手前から次のようにお神札を重ねておまつりします。

・ 一番手前に、神宮大麻
・ その後ろに、氏神さま
・ さらにその後ろに、そのほか特に崇敬する神社のお神札