二柱神社
御祈祷のご案内
神棚
神さまと、いっしょにいただく お供え物

神さまにお供えする食物などを神饌(しんせん)といいます。神饌は毎朝お供えするのが望ましく、日常の神饌は、お米(御飯)、お塩、お水の三品です。お正月、毎月1日や15日など家族にとって大切な日には、お酒・野菜・果物などもお供えします。神さまにお供えしたものは、「お下がり」として家族でいただきます。
季節の旬のものをいただいたときや、特別なご馳走などがある場合は、神棚に供えてからいただきたいものです。
神前にはみずみずしいお榊(さかき)を立てます。

お供えはまず、お米から お供えの仕方

神饌(しんせん)(神さまへのお供え物)を供えるときには、順番があります。
例えば、お米・お塩・お水の場合には、(1)お米または御飯(中央)、(2)お塩(向かって右)、(3)お水(向かって左)の順です。
お酒もお供えする場合は、(1)お米(向かって右)、(2)お酒(向かって左)、(3)お塩(お米の右)(4)お水(お酒の左)の順です。
横一列に並べるのが基本とされていますが、場所がとれない場合は二列でも結構です。その場合、図のような並べ方をします。