TOPページへ戻る| 厄年検索へ   

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

※ 服喪日数は、明治7年の太政官布告を参考に示しておりますが、
   忌中期間は最長50日とされており(地方の風習によっては異なります)、
   その後は平常に戻りますので、神社の御礼・正月の御礼(神宮大麻)等をお受けし、
   お祀りすることができます。

≪ 服喪標準日数表の留意事項 ≫

印の数字は、「喪家(葬儀を行う家)」の標準服喪日数です。
白◆印の数字は、「喪家以外」の標準服喪日数です。