由緒

御祭神 イザナギノミコト イザナミノミコト 夫婦・子どもの神様
御神徳 良縁成就・家内安全・安産祈願・子授け・成長祈願・無病息災・諸願成就など

昔から神様を一人二人と云わず一柱二柱といいました。当社はイザナギノミコト・イザナミノミコトの2人の神様をお祀りしている為、二柱神社と申します。
当社は万壽2年(1026年)に市名坂の修林壇(現在の七北田字東裏付近旧社 殿地現存)にお祀り(神社の記録)されました。その後、天正年間(1573年~)には 地域豪族国分氏の荘園三十三ヶ村の内 市名坂・七北田・北根・野村・上谷刈 古内・松森・鶴谷の8つの村の総鎮守 (氏神様)として祀られるようになりました。
国分氏が滅亡してから伊達氏の時代に、万治年中(1658年~)七北田・市名坂に宿場町が開かれるようになり神社も、市名坂冠川(七北田川)の付近に霊地を占い、寛文2年(1662年)4月に現在の場所に遷られました。また明治5年9月七北田村社となり村挙げてのお祭りが行われ、神社境内地の整備等の事業を推し進める中、昭和4年8月31日未明、原因不明の怪火により社殿全焼という悲劇に見舞われました。
現在の社殿は満洲事変以後の極めて物資の確保が困難な時に役員・氏子の十余年に亘る努力のもと、昭和16年5月に完成したものです。 別名を「仁和多利大権現(ニワタリダイゴンゲン)」と申しまして、特に子どもたちの無病息災をお守り下さる「おぼつ子(子ども)神様」として霊験あらたかな神様と云われています。
現在では、良縁祈願の若い女性や子どもに恵まれない夫婦や登校拒否などで悩む方々の参拝が多い神社です。

兼務社紹介

  • 雷神社

    安永風土記書上にも見える小社で、勧請は寛文7(1667)年7月25日とされ七北田・市名坂地区青年会により維持されてきました。昔は境内に土俵があり、祭日には相撲が盛んに行われました。江戸相撲大関関ノ戸徳右エ門は松森の出身で、この土俵より生立ちましたた。また農耕神ともされ、早魃が続くと神社に集まり太鼓・鐘を鳴らして雨乞いをしたと伝えられます。旧社殿地(七北田横山地)は宅地開発により移転を余儀なくされ、現在は二柱神社に祀られています。
    閉じる

  • 高玉神社

    宮城郡国分山根通市名坂肝入茂助安永3(1774)年7月風土記御用書出には、高玉明神は稲荷社で、勧請した人名も何年にお祀りしたか知られていません。明治時代古老の口伝高玉屋敷に有力な物持ちが住んでいました。この屋敷に「お玉」という可憐な女中が居りました。ある時この家の最も貴重とされていた家宝の十枚皿の一枚が毀れたことで、お玉は無実の罪で打首になったという哀話があります。お玉の怨霊が、夜毎に火の玉となってあらわれ、高玉から小曽沼にかけて、遠く近くに見られました。人々はこれを「お玉火」と呼んでいました。
    閉じる

  • 熊野神社

    鎮座地:
    宮城県仙台市泉区松森 字下町 1
    主祭神:
    熊野加夫呂岐櫛御気神(くまのかふろぎみけのかみ)大己貴神(おおなむちのかみ)少名彦神 (すくなひこのかみ)
    例祭日:
    旧3月15日、旧8月15日
    祭典日:
    1月14日どんと祭、2月17日祈年祭、 11月23 日新嘗祭、 1月1日歳旦祭 6月30日夏越大祓、 12月28日年越大祓

    当社の勧請年月は不祥ですが結城七郎の苗裔結城五郎が紀州熊野権現の分霊を請ひ建立したものと伝わっています。当初は元熊野代権現と称し、國分盛重の氏神として尊崇せられ松森村の鎮守として奉祀されていましたが、寛文年中火災により往古の縁記神宝等焼失します。寛文11年別当永全の時、藩主伊達綱基に請い造営木材を拝領、広く浄財を求めて社殿再建しました。その規模大ならずも建築様式等最も精巧なるものと云われます。明治6年に熊野神社と改め村社に列します。大正4年7月指令第1604号にて村内無格社薬師神社を合祀しました。昭和13年7月社殿後方岩磐崩落により全社殿倒潰するも昭和14年8月氏子協力により現社殿を奉建して今日に至ります。境内には神木の大杉があり樹齢1000年を経るものと認められ、幹の周囲20余尺村内随一の老杉であり、村内は勿論遠く海浜方面よりの尊崇を享けておりましたが、平成9年立ち枯れのため伐採されました。
    閉じる

  • 八坂神社

    鎮座地:
    宮城県仙台市泉区七北田字大沢丸山 38 番地
    主祭神:
    素戔嗚尊(すさのおのみこと)春日大神 (かすがのおおかみ)
    例祭日:
    旧3月15日
    祭典日:
    2月17日 祈年祭、 1月1日 歳旦祭、1月14日 どんと祭、 7月21 日 夏越大祓、 8月1日 夏祭、10月20日 秋祭

    勧請年月不祥。往古、此地の百姓源三郎なる者の祖先伊勢参宮の砌り京都にて霊験を頂き、年末同人の氏神さまとして祀られました。元文3年(1739)3月28日に大沢地区の鎮守さまとして勧請したものと古書にあり。元々は今宮牛頭天王と称したものを明治元年に八坂神社と改めました。また同村鎮守の春日神社を合祀しました。昭和20年8月大風のため社殿倒壊、昭和24年現社殿を建立して今日にいたります。現在は泉区の発展に伴い、新興団地、工業団地を背景にして崇敬者も増加の傾向にあります。
    閉じる

  • 須賀神社

    鎮座地:
    宮城県仙台市泉区野村字萩塚 1 番地
    主祭神:
    素戔嗚尊(すさのおのみこと)大日需女命(おおひるめのみこと)櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)応神天皇(おうじんてんのう)
    例祭日:
    7月15 日、 旧10月19 日
    祭典日:
    2月17 日祈年祭、 1月1日歳旦祭、 7月14日夏越大祓、 12月25 日年越大祓

    宝永4年仙台藩祖伊達政宗改国の際に供奉した梅津勇三郎の先祖の氏神さまを当地に遷座し祭祀中、此の地士族白津勘之助が村民と議り野村一村の鎮守さまとして奉斎した神社 別名を祇園牛頭天王とも称し明治4年村社に列します。明治34年1月神殿焼失、同年6月再建せり、大正4年7月15日指令を以て村内無格社神明社、八幡社、稲荷神社を合祀しました。昭和2年本殿の新築完成、同年5月25日神饌幣帛料指定神社に昇格しました。現在は野村地区(高森、桂団地)の氏神様として崇敬を集めています。
    閉じる

  • 愛宕神社

    鎮座地:
    宮城県仙台市泉区七北田 字野山114番地 2
    主祭神:
    火具土之神(かぐつちのかみ)
    例祭日:
    旧6月24日
    祭典日:
    1月14日どんと祭

    勧請年月、由緒等不祥。此の社既に天明元年6月の書出に記載され、往古より村内の高峰愛宕山頂に鎮座し七北田一村の尊崇を集めています。
    閉じる

  • 石留神社

    勧請年月、由緒等不祥。此の社既に天明元年6月の書出に記載され、往古より村内の高峰愛宕山頂に鎮座し七北田一村の尊崇を集めている。
    閉じる